ハーレー汎用情報

ハーレーの知っておきたい汎用情報をお届けします

ハーレーのパーツは純正とカスタムメーカーのどちらを選ぶべきか

2台のハーレー

ハーレーといえば、オートバイ界の金字塔とも言える、世界的にも有名なオートバイ・ブランドです。重厚感のあるボディーと圧巻のトルクに魅了された人も多いのではないでしょうか。さて、そんなオートバイにファッション性を求める人にとって避けては通れないのが、
「純正パーツ」か「カスタムメーカーのパーツ
どちらを使ってカスタムするのかという問題です。

ミーティング

純正パーツは、ハーレー社が品質を保証した部品のことを言います。安全な走りを求めるライダーを満足させること間違いなし。また、ハーレーのいわばお墨付きパーツですから、カスタムメーカーのパーツを圧倒するブランド力があります。ハーレーの長年培った信頼と実績に対してお金を出す方々が沢山いるのです。なので、純正パーツは同じパーツでも少し値が張ります。一方、カスタムメーカーのパーツは、純正パーツよりも安価です。これは決して品質に問題があるわけではありません。カスタムメーカーのパーツでも問題なく性能を発揮するので、資金に余裕のない方にとっては十分に考えられる選択肢の一つです。また、カスタムメーカーの作るパーツの幅はとても広く、ハーレーは「純正のパーツを一つも使わずにハーレーを組むことができる」と言われているほど。カスタムメーカーのパーツは、カスタムの自由度を大きく広げてくれるでしょう。

ハーレー

では、結局のところ、どちらのパーツを使うのが良いのでしょうか。
「純正のパーツ」そして「カスタムメーカーのパーツ」、それぞれ長所と短所があるので、純正だけ、あるいはカスタムメーカーだけでカスタムするのは必ずしも自分の思った結果になるとは限りません。例えば、走行に関係するエンジン周りの駆動系には品質が保証されている純正のパーツを使い、ミラーやマフラーなど自分好みを出せるパーツにはカスタムメーカーのパーツを使うなどといった、使い分けをするのもよさそうです。それぞれの良さをしっかりと理解して、ハーレーのカスタムを楽しみましょう!